トップ

交通事故の被害は弁護士へ

交通事故の被害は弁護士へ相談

交通事故の被害はまず弁護士に

交通事故に遭って怪我した場合、自分で相手の保険会社に交渉したほうがいいのか、それとも弁護士に依頼したほうがいいのか悩むことがあるかもしれません。交通事故の被害に遭ったら弁護士へ相談できるわけですが、事前にそうすることのメリットを知っておくならば安心して依頼できます。

では、交通事故の被害者になった場合、弁護士に慰謝料請求などを依頼することのメリットはどこにあるのでしょうか?弁護士に依頼することのメリットには、相手の保険会社と自分で交渉することのストレスから解放されるということがあります。個人が保険会社と交渉するなら、ちゃんと対応してくれるだろうか、慰謝料も値切られていないだろうかなどストレスが生じます。

保険会社も親身に対応するとはいえ、できれば会社の利益のために支払額も少なくしたいわけですからこうした心配やストレスが生じるのは自然です。でも弁護士に依頼すれば、専門知識と経験のある者同士の交渉になるわけですから、専門知識のない個人が保険会社と交渉するというストレスから解放され、安心できます。

さらに別のメリットとしては、弁護士に依頼すれば妥当な慰謝料を受け取る可能性が高くなる、分かりやすく言い換えれば慰謝料の増額が見込めるという点です。

保険金の基準には、自賠責保険での基準、任意保険での基準、裁判所での基準の3つがありますが、悪質なケースでは、保険会社の担当者がもっともらしい説明や計算書を付けて、しっかり慰謝料を受け取ったと被害者が思えるようにし、実は一番安い自賠責保険の最低限の基準の慰謝料しか払わないという場合もあります。

しかし、個人ではなかなかこうしたからくりを見抜くことはできません。でも弁護士に依頼すれば最低限の基準ではなく、裁判所の基準での賠償金請求、示談交渉をしてくれるので、慰謝料の増額、妥当な金額の受け取りを期待できるのです。これが大きなメリットといえるでしょう。